123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-08-28 (Mon)
8月28日(月)

盆明けても暑い日が続いています。

母の病院受診、買い物、他の用事で実家へ・・・



 実家のサルスベリは色が真っ赤で鮮やか!
 DSC_6398.jpg


母はお盆前から腰が痛いと言っていて、
腰の痛みはずうっと前からあったので、
シップなど様子をみていました。

でも痛みが治まらないので、
念のために(母の気持ちを和らげるためにも)、
いつも通っている実家の最寄りの整形外科を受診させました。



 ヒマワリに似ているキクイモの花
 DSC_6399_20170829075323dd8.jpg



レントゲン後、診察・・・
特に骨折とかヒビとはではなく、骨の変形によって負担になる部分的な痛みではと、
年齢が年齢なのと他の薬の兼ね合いもあり、痛み止めの薬は出さないで、
一時的なものだけれど痛み止めの注射をしてもらいました。

母に、チクっと痛いよと(看護師さんからも言っていましたが、耳が遠いので私が大声で!)
耳そばで言って、注射をしてもらいました。

湿布薬をもらってから、
「注射痛かった~?」と聞くと、
「なんね~、注射なんかしたと~?」と・・・
感じなかったのでしょうか~!??



 ホウセンカの花を見ると昔を思い出します。
 DSC_6400.jpg



その後、心不全で通っているいつもの内科医院へ受診・・・

年相応の認知症はありますが、
担当医との会話も出来き見た目元気そうな状態

処方されている薬はきちんと飲んでいなくてたくさん残っていて、
それなのに心不全の症状は軽減されていて、浮腫みや喉のゼーゼーもありません。
でも体重がかなり減っていて、やせすぎなのに心配があり

暑さやひとり暮らしでまともに食事がいけていないのかな~と。

実家に戻り、洋服を着替えさせた時にガリガリの姿に・・・

連れて帰ろうとしても行かないと、
もうひとり暮らしは無理だよ、このまま衰弱して死ぬだけだよ・と言うと、
いつもは「なるようになる」と言っていたけれど、
施設の話をすると、申し込んでいてもいいと・・・

ひとり残して帰る道は、いつものことですがすごく情けなくて悲しくて、
言いようのないものがこみ上げてきます。

高齢の親の世話、看護については、
兄弟姉妹居れば皆の協力無くしては出来ないもの、
居なければひとりでやらざるを得ないもの、

私は兄弟姉妹6人の末っ子、
母は私ばかりを頼っていて、
それも正直私の中に不満、不安があって
みんなに頼ってもらって欲しいという・・・

そんなこんなで、今後のこと、
私ひとりでは厳しくて、
これから・・・色々と・・・

母の落ち着きどころ探さないといけません

スポンサーサイト
| 家族 | COM(2) | TB(0) |
2017-08-20 (Sun)
8月18日~20日に宮崎に住む次男家族が帰省しました。
車が混むからと、一週間ずらした子どもたちとのお盆をすごしました。

まずは、畑へ行き収穫を一緒にしました。


 DSC_6181.jpg


ミズキ姫は3歳、来月には4歳になります。
ミニトマトやきゅうりやピーマンを収穫しました!


      iS49499118.png


その後、我が家の近くに新しくできたイオンショッピングセンターへ・・・

野外に子どもが遊べる広場があり、そこでしばらく遊んでから、
夕食のお惣菜を買って帰りました。


 eq03495137.png


19日には、福岡市内に住む長男家族も一緒に!
アユ姫もハル君も合流!

お昼は冷やしそうめんを食べて、
宮崎からのお土産のマンゴーやミカンなどの果物をいただきました。


 UK5618.png


”ファンタジーキッズリゾート筑紫野”に行き、たくさん遊んで・・・


 O4xp496934.png


夕食はしゃぶしゃぶを食べに行きました。

子どもたちのあり余るパワーは凄いですね
よく遊んでよく食べてよく笑って・・・


 r97451.png



盆とお正月くらいしかいとこ同士会うことがありません。
それでもたくさん遊んで楽しんでいました。

みんながそれぞれ元気で居てくれて、
たまにこのように一緒に会えること、
それだけでとても幸せですね!

とても楽しいひとときでした



私たち夫婦は、
13日に私の実家へ、14日に主人の実家へ、
仏様参りに行き、
私の実家では母と、
主人の実家では主人の兄姉家族と食事をしてお盆を過ごしました。

家族で集まるっていいですね~


| 家族 | COM(2) | TB(0) |

2017-07-07 (Fri)
福岡県内、特に朝倉地域の豪雨災害報道にとても心痛めています。

絵の関係でもとてもお世話になっている
私の大好きな朝倉、

朝倉の風景は、日本の原風景とも言えるほどに、
山も谷もせせらぎも、田んぼも・・・
何度行っても通っても心休まる地域なのです。

その朝倉の風景が一転・・・

この度の集中豪雨で、多くの家が流され、尊い命までも奪われ、
多くの方が避難しています。
これからの人々の生活、復旧、復興と、多くの問題が山積しています。

幸いに、お世話になっている方々にご連絡をさせていただいたところ、
皆さまの地域は大丈夫だったと、
おひとり、杷木に住まわれていて、家が床上浸水してしまい、
水も電気も通らないのでご実家で避難して暮らしている方が・・・。

どうかこれ以上、被害が広がりませんように!
心よりお見舞い申し上げます。


ちょうど朝倉地域が凄まじいい豪雨を被っていいる大変な時、
7月5日(水)、
私は、母の用事で実家へ行って来ました。
おかずご飯(おにぎり状にした)を冷凍したものをたくさん持って、
まだ私の腰の具合や体調も不安ですが、
主人が休日で運転してくれて・・・

町内の警報・連絡装置(でんたつくん)設置の対応のために、
機具の使用説明を聞き母に説明すること、
母の病院行き、買い物、銀行、家の掃除など・・・


   実家の庭の雨に濡れるアガパンサス
   DSC_52785.jpg


家に上がると、
この季節特に悲惨な状態です。
食べ物は放置、あちこちコバエがたかり・・・
食中毒してもおかしくないくらい、
ひとりで生活出来るような状態でないのに、
家にしがみつき、見るに堪えない衛生状況の中で
生活しています。

いつも、情けなさに汗と涙を流しながら、
掃除をするも・・・私の精神状態の限界を超えて、
気分が悪くなり、頭がどうにかなりそうに・・

怒鳴ってはいけないけれど、
若干の認知症もあり、チンプンカンプンなことも、
耳の遠い母との会話は疲れ、つい大声に、
挙句には怒鳴ってしまっています。

情けなくて・・・悲しくて・・・

この日は主人は家に上がることもせず、ずう~っと車で待っていました。
家の中の凄まじさ、私と母との空気感に主人も耐えられないようです。

今日もちょっと愚痴を載せてしまいました””


今日7月7日、
週一のヘルパーさんが母の所へ行ってくれました。
母の言動行動にヘルパーさんが対応出来ず、
それをケアマネさんから私に電話が入り・・・
勝手なことばかり言って、
勝手なことばかりする母のトラブル、
私から言ってくれとはいうけれど、
電話で話すも聞く耳持たず・・・

ヘルパーさんからは、
母は取り付けたばかりの警報・連絡装置はコンセントから抜いていると・
しっかり消したらダメと言い聞かせたのに・・・
電気を使うものなんでも抜いてしまいます
ヘルパーさんがコンセントを入れたらしいのですが、たぶんまたすぐ抜くでしょう

母のためにすること、色々なことがこんな感じです

本当に大変な母です””
どうなることやら・・・

子の所では世話にならん、
施設も(デイケアも)行かん、
足腰が立たんと言いながら気力だけでひとり暮らしをしている母、
次にまた体調不良やケガなどでSOSを出す時まで
放っておくしかなさそうです・・・



| 家族 | COM(6) | TB(0) |
2017-06-15 (Thu)
6月14日(水) 晴れ

梅雨だと思えない晴天の日が続いてます。
この日も青空が広がり日向は夏のように暑い日でした。

義母の施設へひと月遅れの母の日のプレゼントを持って面会に行きました。


 816811884.jpg


なんとなく自分(義母)への贈り物と分かったようで、
一生懸命たたんでいました。

スマホの写真(花や孫たちの)を見せたり話しかけていたけれど、
しばらくすると疲れた様子でしたので、30分ほどに・・・
腰を痛めて今では車いすとなっていますが、体調はまあまあで、
良かったです!


施設を後に主人の実家へ・・・


 DSC_5495.jpg


農業をしている義兄と会い、
仏様へ父の日のプレゼントをして、
話をして帰りました。


 主人の実家の紫陽花たち
 DSC_5496.jpg
 

 DSC_5499_2017062308050579a.jpg


 DSC_5500.jpg



 家の前のため池
 DSC_5511.jpg



帰りの途中、
粕屋の駕与丁公園のバラ園に寄りました。


 DSC_5517.jpg


シーズンは5月でしたが、まだ遅咲きのバラが咲いていました。


 DSC_5521.jpg




 DSC_5522.jpg



 DSC_5527.jpg



雨降りませんね~、水不足が気になります



| 家族 | COM(0) | TB(0) |
2017-06-08 (Thu)
先日、母の様子見と用事で実家へ行くと・・・
紫陽花が満開でした



 2_2017061023460038e.jpg


特に肥料をやっている訳でもなく、手入れをしている訳でもないようですが、
毎年たくさん花を咲かせています。


 DSC_54022.jpg


母は、子の所での生活を拒否、
施設入所も拒否して、
子の心配をよそに、ひとり暮らしを再再・再開しています。


 DSC_53292.jpg



地域の介護のお世話にならざるを得ず、手続きをして、
週1回のヘルパー(掃除)と、週5回のお弁当の配達をお願いしています。


 DSC_53295.jpg


それでも超高齢者(母はこの6月で95歳!)のひとり暮らしは大変です。
心配事も多いです。


 DSC_53290.jpg


電話ひとつで子たちは来てくれるものと思っています。
それぞれに仕事があり、それぞれに生活がある中、
やりくりして母の世話をしているけれど、


 DSC_53287.jpg


・・・・・・・・・・


 DSC_53829.jpg



高齢化社会、
子が育ててもらった年月・時間の倍も倍々も、
子は親の世話をしないといけない時代になりました。


 22222.jpg



順番ですが・・・

自分たちの老後を、
子に迷惑をかけないように、
心がけなければならないと感じています。

でも、心がけることが出来ないのが老化・・・なのでしょうね。

母を見てつくづく感じる今日この頃です


| 家族 | COM(0) | TB(0) |