12345678910111213141516171819202122232425262728
2018-02-12 (Mon)
寒波が再々到来!

朝庭を見ると10センチほど雪が積もっています!



DSC_97316.jpg


祝日で、特に外出の用事も無かったのですが、
研修会案内の郵便物の投函を急いでしないといけなかったので、
ポストまで歩いて行くことに・・・


DSC_97416.jpg



ゴリラ山はお顔の部分に雪が積もっているようです!



DSC_97418.jpg


家に戻ってきて・・・

ジンチョウゲの蕾が膨らんできています!
白い雪に鮮やかです。


DSC_97054.jpg



寒さには閉口してしまいますが、
雪景色は嬉しいですね!

でも、積雪も今日が最後でしょうね~



スポンサーサイト
| 自然 | COM(2) | TB(0) |
2017-12-23 (Sat)
遅ればせながら・・・
この徳之島は、奄美群島のひとつ、
奄美群島は今年平成29年3月7日に国内34カ所目の国立公園として指定されました。
記事→http://www.env.go.jp/nature/np/amamigunto.html


亜熱帯照葉樹林が広がるとともに、大陸や日本本土との分離・結合を繰り返した島々の地史を背景に、
アマミノクロウサギをはじめとする多種多様な固有で希少な動植物が生息・生育し、
世界有数の速度で今も隆起するサンゴ礁段丘、琉球石灰岩の海食崖やカルスト地形、
世界的北限に位置するサンゴ礁、マングローブや干潟等多様な自然環境を有する地域です。
(同記事抜粋)

また現在、世界自然遺産に推薦されていますが、今後増える観光客に荒らされたくないと、
兄は絶対に世界遺産にならないでほしいと言っています。

私もそれを感じたところ・・・



 ムシロ瀬
 DSC_8689.jpg



徳之島の北部にあるムシロ瀬は、
むしろを敷き詰めたような大きな花崗岩が広がっている美しい海岸線です。

南部のトゲトゲのサンゴ礁石灰岩とは違い、
丸みおびた花崗岩の大岩が積み重なっている景色には、
そのギャップに驚かされます。

海が荒れていて岩にぶつかる波が飛び散って迫力がありました。


 ムシロ瀬
 DSC_8692.jpg



30年前には無かった展望台やコンクリートの通路が
この岩場広く長く設置されていました。


  亀の形の岩と・・・
 DSC_8753_20171226002847c1c.jpg



 女性の横顔に見える岩・・・
 DSC_8754.jpg


↑この岩々のことは、
ちょうどその場に居合わせた観光ツアーのガイドさんから
聞きました。

(そのガイドさん、また偶然にも一緒に見ていた義姉と同級生!
お互い懐かしがってしばらく立ち話を・・・
狭い島ですね~)



 DSC_8744_20171227080044f37.jpg


足場の確保とはいえ、
コンクリートの通路には少々がっかりしました。

展望台だけでも十分だったのでは・・・

兄が観光客が増えて欲しくないという気持ち、
私も同感です。

岩場の隙間から出てきたカニ・・・も、
迷惑している様子でした(笑)!



 DSC_8721_201712260028462e3.jpg


次は金見埼ソテツトンネルへ・・・

そう、こちらも島の観光名所はすべて駐車場も立ち入りフリーで
入場料は要りません。

世界遺産などになったら入場料が必要になるのでしょうね。



         DSC_8777.jpg



約200mにわたるトンネル状のアーチで広いのですが、
少し小雨が落ちてきたので、義姉と急いでひとつのトンネルを抜けました。
新しく出来た展望台もあり、そこからは奄美大島が見えました。



 DSC_87926.jpg




畦プリンスビーチ海浜公園は、
昭和47年に今の天皇陛下が皇太子時代に訪れた場所だそうで、そこからこの名がつけられたとのことです。
シュノーケリングも可能な静かな美しいビーチです。


 
 プリンスビーチ
 DSC_882332.jpg


兄と母は車で待ってもらっていて、
母はほとんど降りることなく車内でした””

義姉と一緒に・・・
浜打ち上げられたサンゴ礁や貝殻などを拾いました。



 DSC_88054.jpg


浜そばの公園も少し歩きました。


 海浜公園の大きなガジュマルの木
 DSC_8816_20171227082346dc6.jpg




高砂部屋の親方にもなった朝潮太郎の故郷に建つ記念像です。
この徳之島出身である第46代横綱の朝潮太郎記念像が海の向かって力強くたっています。

      
      朝潮太郎記念像
      DSC_88137.jpg



島の東の島で一番の大きな町亀津の生涯学習センターで
写真展があっているとの義姉の情報で覗いてみることに・・・



           DSC_882322.jpg


徳之島の自然や、島固有の植物の写真、新聞記事が展示されていました。


   DSC_882222.jpg


本当に守りたいですね~!!


最後は島の南の喜念浜へ・・・

こちらも美しいビーチです!



 DSC_8829.jpg


浜に降りていく道すがら・・・
なんだか荒い鼻息が耳に入って来ていて、
浜に出ると!

闘牛の黒牛が浜を散歩していました!
足腰を鍛えるために毎日砂浜を歩かせているそうです。



 DSC_8832.jpg



スマホを近づいて構えていると、牛が横眼で私をじらりにらみながら歩いています。
すごく大きくてびっくりです!


 DSC_8835.jpg


遠くに行って、
牛は振り返って私の方を見ていました。


 DSC_882351.jpg



闘牛の牛を見ることが出来て、
またもや幸運でした


一日、兄夫婦が島を案内してくれました



 守りたい島の風景
 DSC_8678.jpg



30年も、いえ私がこの島から福岡へ行ったのは3歳前の頃、
すう~っと生まれ故郷のこと、想うことなく、慕うこともなく・・・
知らんぷりで福岡で暮らしていた私、

あらためて・・・
万人をも快く受け入れる島の自然と人の温かさ、大らかを感じました。


95歳の母の夢見ごと・「島に自分の小さな家を建てて暮らす」ことが、
夢ではないのかも・・!
と深く深く感じた島での滞在でした。

母はしばらく兄夫婦のお世話になり、
暖かくなったら福岡に戻って来ると思いますが・・・
生まれ故郷に帰った母は、もう福岡のこと、家には何も未練は無さそうです。
そう、母と生活を共にした福岡の子たちのことさえ・・・

さて母のこれからは・・・!??


| 自然 | COM(3) | TB(0) |
2017-12-22 (Fri)
12月13日、兄夫婦が一日時間をとってくれて私と母(母はほとんど車に乗ったままでしたが)を、
観光に・・・島の名所を案内してくれました。
観光名所→http://www.tokunoshima-kanko.com/view/

周囲80㎞ほどの徳之島は一日あれば一周出来ます。

朝一番に近くの産直市場「百歳館」へ行き、特産物を眺めると、
ふだん見ることがないウコンや島ショウガ、大きなニンニク、落花生、
パイナップル、ドラゴンフルーツ等・・
南国ですね~


まずは、兄の住んでいる伊仙町に樹齢300年もあるというガジュマルがあると・、
見に行きました。
付近一帯の地主であった平家の屋敷を囲む石垣の上に生えています。

特に見るための駐車場があるわけでもなく、道沿いに車をとめて
見ていたら、屋敷の中からおじちゃんが出てきて、

中から見ていいですよ~と、庭に入らせてくれた。
ふだんは石垣内への立ち入りはできません、幸運でした!

大きすぎてカメラの画面に収まりません””


 樹齢300年ガジュマル、幹の根元
 DSC_8537_20171226002633e5b.jpg



ケンムン(精霊)が宿るといわれています。
本当に・・・大きな大きな樹木です!


 上部の緑
 DSC_8536_20171226002631efc.jpg


300年のパワーをいただいて・・・

島を時計周りに・・・

30年前の祖母のお葬式の時に、
兄がポンコツのレンタカーで島一周案内してくれたのを思い出しながら・・・

でもあの頃と違って、広い駐車場やきれいなトイレも設備されていて、
また、展望台も出来ていてそこからの眺望は素晴らしく、
時の流れを感じました。


  犬田布岬
  DSC_85427.jpg



           戦艦大和の慰霊塔が建立されています。
           DSC_8574 - コピー2



 まだ青いアダンの実
 DSC_8576.jpg


島の大部分は花崗岩や古生層からなる山地、南部に隆起サンゴ礁でできた台地があります。
南部には、サンゴ礁・石灰岩が季節風や荒波によって浸食された断崖・奇岩が見られます。


 DSC_8609.jpg


トゲトゲした岩は、一見地獄絵図のよう!


 DSC_8591.jpg



メガネのようにくり抜かれた空間からは海と空の景観が広がり、写真撮影のスポットにもなっています



 犬の門蓋
 DSC_86205.jpg



         DSC_8604.jpg


次は、陸の中の海(ウンブキ)へ・・・

鍾乳洞が沈み、約400m先の海底とつながった海底洞窟です。
干満の影響で水位が変化し、海水と地下水(真水)が混じり合い、
絶滅危惧種を含む南国特有の希少動植物などを見ることができます。


 入口の看板
 DSC_8639.jpg



 鍾乳石と鍾乳洞
 DSC_8647.jpg


 DSC_8652.jpg



こちらもまた幸運なことに、
国の天然記念物のアカヒゲが地面をチョンチョンと歩いていました!
なかなか見ることが出来ないそうですが、
近くに寄って写真を撮っても私たちを恐れて逃げることはありませんでした。


 アカヒゲ
 DSC_86661.jpg




そう!民家でもたくさんの種類の鳥を見ることが出来ます。

特に朝は、兄の家でも庭の木々にメジロをはじめ幾種類の鳥が飛び交っていました。


後半に続く・・・



| 自然 | COM(0) | TB(0) |
2016-10-24 (Mon)
日一日と秋の気配が感じられるようになりました。

我が家の庭では・・・

今年も玄関先にシュウメイギク(秋明菊)が咲きました!
白い花びらに、黄色い雄しべと黄緑色の雌しべが可愛くて、
見る人を優しい気持ちにさせてくれる大好きな花です。



         DSC_183008.jpg



雑然とした庭に、あちらこちらポッポッと灯りがともるように・・・
黄色いツワブキが咲き始めました!



 DSC_1991.jpg



ペンタスの花にはいつも虫たちが蜜を吸いに来ています。


 DSC_1843.jpg


そして・・・

今年の梅雨時に、友だちのお宅の庭から分けてもらったフジバカマが根付いてくれて、
今咲いています!


 DSC_1989.jpg


今日、庭に出るとなんと! アサギマダラが訪れているではありませんか!!!
嬉しくて、たくさん写真を撮りました!



DSC_1940.jpg


アサギマダラとは・・・
タテハチョウ科、前羽が4~6センチほどの大きさで、羽を広げると10センチほどになります。
ステンドグラスを思わせる透けるような薄い浅葱(あさぎ)色の斑(まだら)紋様の羽を持って
いて、これが名前の由来とのことです。



DSC_1860.jpg



春から夏にかけては本州等の涼しい高原地帯を繁殖地とし、秋になり気温の低下と共に
適温の生活地を求めて南方へ移動します。

その道中に我が家の庭に立ち寄ってくれたのです!



DSC_1895_20161025215818838.jpg


遠く九州や沖縄、さらに八重山諸島や台湾にまで海を越えて飛んでいくそうです。
1000キロ以上、時には2100キロもの距離になります。

一日になんと20~30キロ以上も移動するということなので・・・
今日出会えたこのチョウはもうかなり南の方へ移動しているのですね~!



DSC_1885.jpg



そして、暖かい南の島で過ごし、そこで新たに繁殖した世代の蝶が春から初夏にかけて、
今度は南から北上し、本州などの高原地帯に戻るという生活のサイクルをきちんと守って
いるのです。

季節により長距離の渡りをする日本で唯一の蝶です。



DSC_1931.jpg



さっそく、花株をいただいた友達にメールをしました!

またこれからの数日も、次のアサギマダラが訪ねてくれるのを楽しみにしています!

嬉しい訪問に感謝です



| 自然 | COM(4) | TB(0) |
2016-09-13 (Tue)
家の前と裏とにほんの少し低木や植物が植えられている雑然とした狭い庭で、
ホントはもっときれいに手入れでもしなければと反省ばかり””

それでも、少しでも花が咲くとついブログに紹介したくなり・・・
久しぶりに庭の花を・・・!

裏のフェンスに恩師の朝顔(マルバアメリカアサガオ)が毎日たくさん咲いています!



  DSC_0575_201609151806542b7.jpg


今年は、なっ なんと!
可愛い花なのに、可愛そうな名前のヘクソカズラがたくさん!!



  DSC_0600_201609151806554e9.jpg



可愛い花たちの競演です
    ・・・花後が大変ですが・・・”



  DSC_0593.jpg



玄関先のサルスベリも満開です。



            DSC_0581.jpg



スイフヨウはポツリ、ポツリ・・・
もう少ししたら一斉に咲きます!



 DSC_0588.jpg



不思議ですね~、ほろ酔いの顔です!



 DSC_0586.jpg



ヤナギバルイラソウも毎日たくさん咲いています。



 DSC_0594.jpg



ペンタスにはいつもホシホウジャクが蜜を吸いに来ています。



 DSC_0596.jpg



鉢植えのオキザリスが咲き始めました!



         DSC_0605_20160915181523fec.jpg



ランタナが勢力を伸ばして来ています””
花をたくさん付けていますが、そろそろ剪定しなくては野放図状態です。



 DSC_0585.jpg



ジュズサンゴもいっぱい実を付けて大きくなっています!
日なたに鉢を置いていたら少し葉っぱが焼けてしまったようで、慌てて日陰に入れています。



 DSC_0599.jpg



そう!
今年はヒガンバナがもう咲いていますね!
先週の朝倉のあぜ道にはすでにずらりと真っ赤に咲き並んでいました。

先日月曜の大雨の日に母の世話で実家に帰った時も・・・



  DSC_0561.jpg



今年の豪雨と猛暑は植物たちに何らかの影響があるようですね。

人間も・・・

先日から鼻水とくしゃみが止まりません””

花に癒されつつ・・・
お互いに体調に気を付けましょうね



| 自然 | COM(0) | TB(0) |